芸能人やモデルの人気髪型・ヘアスタイルをまとめました。

menu

人気髪型・ヘアスタイル集

抜け毛シャンプー女性用は市販で効果はある?需要なのは選ぶ7つの基準

シャンプーの選び方

ほど良いボリュームと艶やかでキレイな髪。

女性であれば誰もが憧れますよね。

今では、カラーやパーマによって決して“髪本来の美しさ”とはいえない状態の人が増えてきたように思います。

しかも、そうしたことが原因となり『抜け毛』に悩む女性も急増しているのが現状です。

 

そこで、できるだけ簡単で手軽に抜け毛ケアをしようと思い市販の『女性用抜け毛シャンプー』を活用しよう考えている方も少なくありません。

  • 市販の女性用抜け毛シャンプーに効果はあるのか
  • 余計に髪や頭皮を傷めてしまうような副作用はないのか
  • より良いシャンプーの選び方が知りたい

といった内容は知った上で利用していくことをおすすめします。

 

逆に言ってしまえば、これらのことを知らないでただ購入してしまうと、あなたの望む効果を得られないといっても過言ではありません。

ここでは、市販の女性用抜け毛シャンプーの効果や選び方を含め、副作用の危険性はないのかご紹介していきます!

あなたも市販の女性用抜け毛シャンプーを正しく活用し、美しい髪の毛を実現していきましょう!

 

スポンサードリンク


女性は髪が命!

髪の毛

女性にとって髪の毛は『ファッションの決め手の1つ』になるほど重要な部分。

つまり、あなたが最も気にしている“見た目”に大きく影響するパーツであるとうことですよね。

だからこそ『髪の毛は女の命』などと表現することがあるんですね。

 

そんな中、いざおしゃれをしようと意気込んでも髪の毛が傷んだり、広がったりしていては今すぐにでもどうにかしたいと思うもの。

中でも『髪の毛の量が少ない』なんてことになっていたら、もうお話になりませんよね?

その主な原因こそが『抜け毛』です。

 

抜け毛ときくと、男性が悩んでいることが多い印象がありますが、実は女性の方でも多くの人が抜け毛に悩まされているのです。

抜け毛は、男性だけの問題ではなくなっているのです。

 

ではなぜよのようなことが起こってしまっているのでしょうか?

そこには、男性にはない女性特有のものも原因に挙げられるのです。

 

女性に特徴的な抜け毛の原因は?

抜け毛の原因

女性の抜け毛は、一般的な男性の抜け毛とはタイプが違います。

男性の抜け毛の特徴が、生え際や頭頂部周辺が薄くなるのに対して、女性の場合は、髪の生えている領域はそのままにボリュームダウンするのが特徴のひとつ。

女性の抜け毛は誰にでも起こりうることです。

これ以外にも以下に挙げる問題が抜け毛の原因になってきます。

 

ホルモンバランスの変調

女性の薄毛は、男性のように頭頂部や前頭部など局所的に薄くなることはなく、髪の毛が細くなっていき全体的に薄くなるのが特徴。

男性型脱毛症は『AGA』と呼ばれている一方で、特徴が異なる女性の薄毛は『女性男性型脱毛症(FAGA)』と呼ばれ区別されています。

 

ただ、AGA(男性型脱毛症)の主な原因は男性ホルモンの変性と毛母細胞への侵入であるとされていることで、あまり女性には関係がないのではと思われがちでもあります。

実は、男性ホルモンは、男性だけでなく女性の体内にも存在しています。

ですので、女性も男性ホルモンであるテストステロンやジヒドロテストステロンの合成が髪に影響を及ぼすメカニズムは変わらないので、抜け毛を起こすリスクは十分高いということが言えるのです。

 

妊娠・出産

私たち女性には、妊娠・出産も経験することもありますよね。

そのことによって、ホルモンバランスは大きく変わっていきます。

 

女性ホルモンにはエストロゲンという『卵胞ホルモン』と、プロゲステロンと呼ばれる『黄体ホルモン』の2種類があります。

妊娠中はこの2種類のホルモンの分泌量が増えます。

通常、2種類のホルモンは交互に働いているのですが、妊娠するとどちらも増加し、無事出産すると急激に減少してしまいます。

こうした急激な女性ホルモンの減少などの“乱れ”によって髪が抜ける原因につながり、大量に抜けてしまう人もかなり多いのが現状です。

 

加齢

そして、年齢を重ねことでもホルモンのバランスは変化していきます。

特に40代以降はその変化が激しくなり 、その影響によって抜け毛が進行することも。

更年期障害は正にその延長に起こることで、これだけ女性にとってホルモンバランスはカラダだけでなく、髪の毛にも影響を与えるのです。

 

ストレス

ホルモンのバランスが乱れることで『ストレス』に敏感になることもあるのですが、その反対もあります。

つまり、強いストレスによって抜け毛につながるということ。

 

『若年性脱毛症』と呼ばれるものは正にその代表的な例であり、主な原因の1つは、ストレスによるものです。

若年性の脱毛症に関わらず、ストレスは脱毛症の原因の1つになることがわかっています。

 

そして、ストレスはホルモンバランスや自律神経のバランスを崩してしまうため、過度なストレス負荷や蓄積は、頭皮や毛母細胞への栄養供給に障害が出てしまったり発毛・育毛の新陳代謝が乱れてしまうのです。

 

ヘアカラー・パーマ

カラダの内側だけでなく、髪や頭皮に直接ダメージが加わることでも抜け毛の原因になります。

今でヘアカラーやパーマを当てている女性はいないのではないかと思うほど、一般的になっていますよね。

頭皮を傷めることは、血行不良やそれによる栄養運搬の低下が起こりますし『乾燥』にもつながりますので、髪の毛が成長する環境としては悪い状態なのです。

 

過度なダイエット

女性にとってダイエットは常識になりつつありますが、中には過度に痩せようと努力してしまう方も。

無理をしすぎてしまうダイエットはカロリー不足を招くことが多く、髪に必要な栄養素も不足してしまいます。

それこそ、そのことはカラダにとっても精神的な部分にとっても『ストレス』になりますので、次第に『ホルモンバランスの変調』をきたすことにもつながるのです。

 

シャンプー

誰もが毎日使用する『シャンプー』ですが、間違った使い方や商品を選んでしまうと『抜け毛』の原因になります。

市販で販売されている通常のシャンプーには、洗浄力が強い成分の『ラウレス硫酸ナトリウム』や『ラウレス硫酸アンモニウム』といった、石油系界面活性剤が入っていることがほとんど。

あまり馴染みのない成分ではありますが、石油系界面活性剤は台所用の洗剤に使われている成分と同じなんです。

これだけみてもお分かりかと思いますが、 男性と比べても薄く皮脂の分泌量も少ない頭皮を持つ女性にとっては、直接的なダメージを受けやすいんですね。

 

添加物が危険

さらに恐ろしいところは『ジメコチン』と言った添加物が配合されているものもあるということ。

ジメコチンはシリコンオイルの一種で髪の表面をコーティングしてきれいに見せる作用があります。

これは、裏を返せばどんなに髪が痛んでいてもジメコチンの効果で髪がコーティングされているので髪の状態がわからなくなるということ。

 

そして、コーティングされているのでリンスやコンディショナーなどの髪をケアする成分が入りにくくなっています。

髪の毛の根元である毛穴からジメコチンが入っていくと毛穴までもコーティングされてふさがってしまいます。

毛穴もちゃんと呼吸をしていますので、塞がってしまったら成長に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

このように髪に悪い影響を与えてしまうリスクが高くなりがちなのが、市販で販売されている通常のシャンプーなんですね。

そこで登場したのが『抜け毛シャンプー』

市販のものであっても、敏感な頭皮に必要な栄養素を与えるために開発されたものがあるのです。

 

抜け毛シャンプーとは?効果はあるの?

抜け毛シャンプー

抜け毛シャンプーとは、抜け毛を予防する成分を豊富に含むシャンプーで、髪や頭皮の汚れを落としつつも刺激の少ないものが主成分となっているもの。

特に、洗浄成分に関しては『アミノ酸系』の洗浄成分が使われていることがほとんどです。

通常のシャンプーは、毛をコーティングして髪にツヤやコシを与える化学成分が多く含まれており、髪の見た目や触り心地を良くするメリットがある反面、しっかりすすげないと毛穴に詰まり頭皮トラブルの原因になるリスクも高いのが現状です。

一方、抜け毛シャンプーはそうした化学物質である『添加物』を極力減らし、頭皮のトラブルを防ぎるる、髪の毛にとって良い環境を作ることを考えたシャンプーなんです。

 

女性用もある

今では男性用・女性と区別して販売している商品もあります。

男性と女性のお肌の特徴は違います。

薄い頭皮や皮脂の分泌量が少なく、体調の変化によってバランスが崩れやすい女性のことを考えられた成分と調合がされているいものも登場しているんですよ。

 

市販でも販売

一見、そういった特殊な商品は通販での販売がされているイメージがあるかと思いますが、実は店頭に多くの商品が並んでいます。

ドラッグストアなどに行けば分かるかと思いますが、女性用の抜け毛シャンプーとはいっても、今では市販で普通に購入することが可能になっています。

 

そんな一般的になりつつある『抜け毛シャンプー』ではありますが、実際の使用者は一体どんな実感を得ているのでしょうか?

口コミをみて確認していきましょう!

スポンサードリンク

市販の抜け毛シャンプー利用者の口コミは?

30代女性:中丸麻里奈さん『抜け毛が減りました』

中村麻里奈さん

頭皮が炎症を起こしているようで、抜け毛も増えていました。

実際に髪全体のボリュームがなくなり、自分に自信もなくなってきて外出するのにも帽子をかぶったりして増々悪循環になっている気がしていました。

このままでは何も変わらないと思い、ドラッグストアで市販の抜け毛シャンプーを試してみることにしました。

私が選んだシャンプーは、敏感肌な私にちょうどいい刺激のシャンプーでした。

使い始めてから頭皮の炎症もなくなりましたし抜け毛も減ってきたので、これからもどんどん使っていこうと考えています。

香りは無臭に近いですが、泡立ちはばっちりですので汚れが落ちている感覚もありです。

40代女性:斎藤暁美さん『髪質が柔らかくなってきました』

斎藤暁美さん

40代になってから抜け毛が目立つようになり、髪の毛の質も変わってゴワゴワと扱いにくい髪の毛になっていったんです。

そこで、抜け毛シャンプーをまずは試してみることにし、最寄りのお店で市販のものを購入してみました。

即効性があるわけではありませんが、毎日使い続けて3ヶ月使用した今では確実に抜け毛が減っていますし、髪質も以前のように柔らかくハリのある髪に戻ってきたんです。

香りも好きなものを選んだので、通常のシャンプーより気に入っています。

50代女性:西田幸子さん『ハリ・コシが出ました』

西田幸子さん

年齢とともに髪の毛のハリやコシがなくなってきた感覚があり、ボリュームがなくなってきました。

あの頃のキレイな髪の毛に少しでも近づけたらと思い、試しに市販の抜け毛シャンプーを始めてみることにしたんです。

私の場合特にトラブルもなく、毎日使い続けることによって抜け毛は減ったのか髪にボリュームも出ましたしハリやツヤも戻ってきたんです。

継続は力ですね。

 

市販の抜け毛シャンプーに副作用の危険性はない? 

このように、自分に合った抜け毛シャンプーを毎日使用し続けることで、確かな効果を実感している方が多いようですね!

即効性はないので、とにかく継続していくことが効果を得るポイントになりそうです。

 

そんな抜け毛シャンプーですが、『副作用』の危険性はないのでしょうか?

確かに、ただでさえトラブルを抱えている頭皮に直接使用するものだからこそ、不安になってしまうのは当たり前かもしれませんね。

ただ、前述したように『即効性はない』ということは、医薬品のように副作用を起こすような成分は含まれていないということ。

しかも『市販』のものであれば尚更、医薬品の販売なんてありませんよね。

 

しかし、含まれている成分があなたのお肌に合わない、アレルギーを起こすといったものがあれば話は別

まずはよく成分を確認し、特にお肌の弱い方は以下のような選定基準をもとに、抜け毛シャンプーを選んでみてはいかがでしょうか?

 

市販の抜け毛シャンプー選び方7つの基準

シャンプーの選び方

頭皮にトラブルを起こさず、より安心して効果を実感するためには、正しいシャンプー選びをして行く必要があります。

あなたの頭皮に合わないものであれば、トラブルを起こしやすくなってしまうばかりか、効果を実感できないことも十分考えられます。

あなたも確実に効果を実感するために、ただしい選定基準を知っておいてくださいね。

 

アミノ酸系・弱酸性・ノンシリコン

 アミノ酸  アルコール  石鹸
 洗浄力  +  ++  +
 洗い心地  +  +  ±
 値段  ±  +  +
 頭皮への優しさ  ++  ±  +

まずは、含まれている成分が頭皮に優しいかどうかを確認することをおすすめします。

具体的には、アミノ酸系の洗浄成分で弱酸性、ノンシリコンのシャンプーがおすすめ。

一般的なシャンプーは、洗浄成分によってアミノ酸系・高級アルコール系・石鹸系の3つに分けることができ、特徴があります。

 

アミノ酸系の洗浄成分は、高級アルコール系のシャンプーと比較して頭皮に必要な皮脂を奪うこと無く洗い上げてくれます

また、アミノ酸系洗浄成分は人間の肌と同じ弱酸性なので、優しい洗い心地でシャンプーすることが可能。

 

一方石鹸系シャンプーはアルカリ性のため、シャンプー後に髪の毛がキシキシしてしまうことがあります。

また、薄毛対策としてヘアケア剤を使っている方はノンシリコンかどうかも重要。

シリコンシャンプーは頭皮や髪をコーティングするため、育毛剤などのヘアケア剤の浸透を妨げることがあるのです。

 

保湿

セラミドや各種天然成分など保湿成分を豊富に配合したシャンプーを選びましょう。

抜け毛を防ぐ頭皮の環境づくりには、乾燥は大敵です。

頭皮の油分を取りすぎないアミノ酸シャンプーと保湿成分の組み合わせで頭皮の潤いを守りましょう。

 

育毛成分が配合されている

センブリエキスやキャピキシルなどの育毛成分が配合されていることは薄毛ケアシャンプーには必須の条件であるといえます。

これらが含まれていないとそもそも育毛ができません。

ダメージケア用やカラーケア用などのシャンプーには含まれていない事も多い成分ですので、育毛成分が多く使われるスカルプケア系のシャンプーを選ぶと良いですよ。

例えば、以下のような成分があげられますので参考にしてみてくださいね。

 

センブリエキス

血行を促進し、髪に栄養が届きやすくする。

頭皮の荒れ防止効果が期待できます。

 

オタネニンジン根エキス

ジンセノサイドという成分を含んでおり、このジンセノサイドは女性ホルモンに似た作用が期待できますので、高い育毛効果があります。

 

オウゴンエキス

DHTという脱毛の原因になるホルモンを抑える働きがあります。

抜け毛防止の中でも『保護』を目的とした有効成分です。

 

キャピキシル

育毛剤で大注目の成分で、従来の成分の3倍の育毛効果が実証され話題になった成分。

 

医薬部外品

抜け毛対策として売られているシャンプーには様々なものがありますが、実際に使ってみないとその効果は当然人によって変わってきます。

ここで注目しうてほしいのが商品にある『表記』。

表記の中には『医薬部外品』と『薬用』のものがあるのですが、『医薬部外品』は、人体に対して何らかの効果があると厚生労働省が認めたものに対してのみ表記がなされるもの。

主にシャンプーや化粧品、歯磨き粉など人体に使われる製品に表記されます。

 

この表記があると商品の効果が期待できると言えるので、悩んだときには医薬部外品の表記がある商品を選ぶのが一つの方法です。

なお、『薬用』と表記されているものは医薬部外品のことと同じですので確認してみてくださいね。

また、医薬部外品でないシャンプーは『化粧品』に分類されています。

 

好みの特徴があるか

あなたにとって使いやすいものであるかも重要です。

より良く見せようと、様々な宣伝をしていますが、結局は継続出来なければなんの成果も得られません

特に『香り』の部分では好みが大きく別れるところでもありますので、含まれている成分を確認することは重要ですね。

 

口コミ

やはり評判の良いものにはそれなりに理由があります。

反対に、悪い口コミも参考になります。

全てのものが完璧なものはないかと思いますので、あなたにとって一番良いもの、妥協できる点などを口コミを含めて検討していくことは必要です。

もちろん、低評価のものばかり選ぶようなことはしないでくださいね。

 

コスパ

また、確実な効果を実感するためにも、自身が継続的に買える金額かどうかも重要

どんな良い成分で女性の薄毛に良いものでも1度使うだけで終わってはあまり意味がありません。

アミノ酸系のシャンプーは若干高価な傾向にありますが、割引がされている商品や、実際に続けやすいもの・あなたに合っているものかどうかコスパを十分に検討していくことも必要です。

 

ここまで挙げた選定基準は全て、効果を得るために継続できるものであるかどうかを検討していく過程に必要なものです。

あなたもこれらの選定基準を元に賢く抜け毛シャンプーを選んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

市販の抜け毛シャンプー女性用まとめ

薄毛に悩める女性の中には、シャンプーで頭皮をすこやかに保つだけでなく、しっかり髪を育てて育毛対策をしたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

抜け毛シャンプーと併せて『育毛剤』も検討してみても良いかもしれませんね。

 

女性用の抜け毛シャンプーはは化粧品のようなデザインと香りで、市販でも手軽に購入できます。

医薬品ではなく無添加・無香料のものが多いのも人気の理由です。

あなたもこおにある情報を元に、抜け毛予防をしてみてくださいね!

今モテ女子の間で話題のアイテム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2018年9月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930