芸能人やモデルの人気髪型・ヘアスタイルをまとめました。

menu

人気髪型・ヘアスタイル集

オーガニックシャンプーのメリットとデメリット理解で美髪ケア!

オーガニック

最近、健康に気を使う方が増えてきたせいか、どんなものでも『オーガニック』という言葉を耳にする事が多いと思います。

そんな中、シャンプーでもオーガニックがトレンドになっていて、多くの方が使用するようになっています。

 

オーガニックと言えば、農薬を使っていないだったり、地球環境に優しいなどの印象がありますが、本当の所、オーガニックって何なのでしょうか?

実際オーガニックについて詳しく理解しているという方も少ないはず。

 

今回は、そんなオーガニックシャンプーのメリット・デメリットはもちろん、オーガニックシャンプーの概要をわかりやすく説明していきますので、オーガニックシャンプーを検討している方は是非、参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク


そもそもオーガニックの定義とは?

オーガニック

そもそもオーガニックとはどういう意味で、どのような定義があるのでしょうか?

実はオーガニックとは『有機栽培』を意味しています。

 

有機物とは基本的に生物が作るものを意味していて、有機栽培とは化学肥料を使わずに、有機肥料を使った栽培ということになります。

でもここがオーガニックが間違って認識されている点でして、有機栽培さえしていれば農薬を使っていてもオーガニックになってしまうのです。

 

この事から『オーガニック=必ず無農薬』ではないという事になります。

『でも、食品なんかは厳しい規定・基準があるんですよね?』と、感じる方も多いと思うのですが、厳しい規定があるのはJAS有機規格です。

 

つまり、農作物や加工食品を販売するときに『有機』と表示する為には、このJAS有機認定にクリアしなくてはいけません。

しかしながら『オーガニック』と商品をアピールするのは自由で、JAS認定をクリアしていないものでも、その言葉を使うことができるのです。

 

有機栽培さえしていれば、販売する企業や生産者の基準で、オーガニックというフレーズを、いくらでも使えてしまうのです。

このようにオーガニックという言葉自体が、あやふやになってしまっているという事が理解できると思います。

 

実は日本にはオーガニックを認定する機関が存在しない

実は日本には、オーガニックを認定している機関が存在していないのをご存知でしょうか?

海外にはオーガニックコスメ、オーガニックフードなどオーガニック商品に対して厳しい検査基準を設け、チェックして、認定する機関が多く存在します。

フランスはエコサート、そしてドイツにはBDIHなどが有名。

それこそ、国自体が認定機関を設けている国もあるくらいです。

 

しかし、日本はどうでしょうか?

日本では、オーガニック商品の安全性を高めようと認定団体も発足しているようですが、海外ほどまだ認知されておらず権威もないのが現状となっています。

 

また日本は、オーガニックを認定する基準がないので、わずか1種類でもオーガニック原料が含まれていれば、オーガニック商品として売り出すことが可能です。

つまり、オーガニックって名がつけば、消費者からすると安全そうな感じがするので実際物が売れることにつながっています。

だからこそ企業がこぞって、オーガニックコスメやオーガニックシャンプーを売り出すのが理解できる気がします。

スポンサードリンク

じゃあ本物のオーガニックってどんなものなの?

オーガニック

先ほどの話しを聞いて、オーガニックシャンプーに不安や疑問を抱いた方も多いと思います。

実際にはオーガニックシャンプーの基準と、植物由来のオーガニックな成分が少しでも含まれていれば、全てオーガニックシャンプーということになりますのであなた自身がしっかりとオーガニックのメリットやデメリットを理解することが大切でしょう。

 

では、どんなオーガニックシャンプーが安全で信頼できるものなのでしょうか?

今から、その選定基準をご紹介していきたいと思います。

この項目をチェックする事で、少なからず本物のオーガニックシャンプーを選定する事ができるでしょう。

 

成分表示をよくチェックする

シャンプーというのは主に『化粧品』に分類されるので、全成分の表記が法律によって義務付けられています。

ただし、薬用シャンプーなど『薬用』と名のつくものは、『医薬部外品』に分類されるので、全成分を表示する義務はありません。

つまり、オーガニックシャンプーであれば、ほぼ全ての種類が化粧品扱いになるので、商品や公式サイトには全成分が表示されています。

そこに余分な成分が入っていないかを十分にチェックしておきましょう!

 

界面活性剤はよくないって言われるけどどうなの!?

ちなみに石油系界面活性剤は身体に悪影響を及ぼす成分だと言われていますが、実はそんな事はありません。

界面活性剤は洗浄力が強すぎるので、頭皮乾燥を引き起こすのであって、何も体に有毒っていうわけでもないんで安心してください。

 

また、石油系とはいっても、石油からできているわけではなく、植物性の油からできていますしね。

それこそ、100%天然素材のオーガニックシャンプーだって、含まれている植物成分にアレルギーがあれば、かゆみなどアレルギーの症状が出る場合もあります。

 

気をつけるべき成分とは!?

先ほどからお伝えしているようにオーガニックと名のつくと安心してしまうかもしれませんが、下記成分が配合されている場合には注意です!!

注意すべき成分
  • エデト酸塩(EDTA)

エデト酸塩は、金属イオン封鎖材でこれを体内に取り入れてしまうことで、肌荒れやぜん息症状がある方はさらなる悪化を引き起こす可能性があります。

せっかく、地肌・髪の毛を綺麗にしようとしているのに肌荒れしては大変ですよね?

  • ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)

ジブチルヒドロキシトルエンは酸化防止剤で、成分が参加しないようにする添加物です。体に対する悪影響が考えられるので注意。

  • ジエタノールアミン

ジエタノールアミンは保湿剤で、確かに髪の毛が保湿され綺麗に見えるかもしれませんが、体へ悪影響を及ぼす可能性がありますので注意!

 

成分表をチェックする意味に関しては『オーガニックシャンプー』と大々的にアピールしていながら、オーガニック成分が実はほとんど入っていないなど、商品の信頼性を確かめる為にするべき事。

そこを履き違えると、どのシャンプーも使えなくなってしまうので、注意が必要です。

 

ちなみにシャンプーの成分表には、含まれている成分量が多いものから順に表示されます。

最初のほうに表示されている成分は多く含まれており、最後のほうに表示されている成分はごく微量しか含まれていないということになります。

その事を意識しながら、シャンプーを選定するようにしましょう!

 

公式サイトから商品に対する想いを感じ取る

なぜそのメーカーはオーガニックシャンプーを開発して販売しているのか?

この事をしっかりと理解する事も良いシャンプーを選ぶ際に必要な項目になりますので、覚えておきましょう!

 

公式サイトの販売ページには、その商品の販売者の想いが表されています。

そういう企業理念のようなものを感じ取るのも、粗悪な商品をつかまされない為には大事な事です。

 

あと気になる商品があると、その商品のサポートセンターに電話する事も有効的な手段ですね。

色々聞いていると、その企業の対応が分かりますので、そこで判断しても良いと思います。

ちなみにサポートセンターの対応が悪い場合は、どんなに魅力的な商品であっても購入は避けた方が良いでしょう。

ちゃんとした商品を販売している会社は、対応も素晴らしいハズですから!

 

まだ日本にはオーガニックシャンプーの規定がよく定まっていない分、自分自身の基準を決めて判断していくことは非常に大事な事です。

とは言いつつも、口コミサイトやランキングサイトに敏感に影響される方も多いと思います。

この事からも、しっかりとシャンプーを選定して、これだと思うのアイテムを購入するようにしていきましょう!

 

オーガニックシャンプーのメリット

では、ここからはオーガニックシャンプーのメリットをご紹介していきたいと思います。

オーガニックシャンプーのメリットはたくさんありますので、検討している方は必ずチェックするようにしましょう。

 

頭皮へのダメージの少なさ

オーガニックシャンプーというのは天然由来の素材が原材料ですので、頭皮トラブルが出にくいとても肌に優しいシャンプーになります。

シャンプーによる頭皮トラブルの原因は、高級アルコール系シャンプーなどに代表される『ラウレス硫酸Na』などの洗浄力の強い硫酸系の成分になります。

 

オーガニックシャンプーは『ラウロイルメチルアラニンNa』や『ココイルグルタミン酸Na』などのアミノ酸系の弱酸性の洗浄成分が配合されているケースが多いです。

これらの成分は頭皮への刺激も少なく安全性の面でも高い評価を受けています。

 

ただ安全性が高いぶん、洗浄力もマイルドな傾向があり洗浄力自体はあまり高くないのが特徴です。

洗浄力が低いと聞くと『ちゃんと清潔に髪を洗えるの?』と心配になるかたもいるかも知れませんが、基本的に髪の汚れ自体は、お湯で洗っても洗い落とせるくらいなので問題ありません。

なので、まずはシャンプーをつける前に、しっかりとお湯で髪をすすぐことが重要です。

 

逆にそのマイルドな洗浄力が頭皮に適度な皮脂を残してくれるので、むしろ頭皮環境は改善していきます。

頭皮の肌荒れ、頭皮のにおい、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを抱えている方にはこの点は、最大のメリットとなります。

 

髪の保湿効果

オーガニックシャンプーには保湿・保水効果の高い植物由来の天然成分が多く配合されています。

多くのオーガニックシャンプーに配合されているモンゴンゴオイルやバオバブ種子油などが最近は注目されていますが、これらの成分は保湿効果が高く髪や頭皮を乾燥から守ってくれます。

 

髪の水分不足は髪のパサつきの原因ですし、髪の水分量が減ってくると髪の表面のキューティクルが剥がれ、髪へのダメージが大きくなります。

オーガニックシャンプーは優れた保湿効果が期待できますので、潤いのある髪を保ってくれるというメリットがあります。

 

環境への優しさ

現在はさまざまなシーンで環境問題が話題となっていますよね。

ですが、オーガニックシャンプーは天然素材が主な原材料のため、洗い流した後の多くはそのまま自然に還ります。

変な科学物質が地球に蓄積される心配がないため、環境にとても優しいという点もメリットとしては挙げられます。

使用する度に環境が良くなりますので、気分良く頭髪を洗浄する事ができるのです!

 

オーガニックシャンプーのデメリット

さて、今からオーガニックシャンプーのデメリットをご紹介していきたいと思います。

オーガニックシャンプーはメリットの多いシャンプーになりますが、当然ですが、デメリットもあります。

ここまで、オーガニックシャンプーのメリットを見てくると、良い事だらけのように思えますが、そんな事はありません。

今から、いくつかオーガニックシャンプーのデメリットを解説していきたいと思いますので、是非チェックしてみてください。

 

価格が高い

これは仕方が無いことなのですが、市販の安価なシャンプーと比較すると、どうしても原材料のコストが高いため、商品価格が高くなってしまいます。

中には『シャンプーにそんなに出せない!』と驚くほど高価なオーガニックシャンプーも存在します。

 

シャンプーは毎日使うものですので、コスパの悪さは一番のデメリットになりますよね。

中にはオーガニックのイメージを利用して、商品価格は高いのに品質が悪いシャンプーもありますので注意する必要性があります。

価格が高い分、シャンプーの選び方を間違えると、経済的なダメージが大きいというのもデメリットですね。

 

香りが独特なものが多い

オーガニックシャンプーは合成香料などを使っていないので、香り付けも天然材料を使っています。

なので香りが独特なものが多いんです。

植物由来のせいか草のニオイがしたり、木のニオイだったり。

ハーブで良い匂いと言われてるシャンプーでさえ、草の匂いがしたりします。

 

日本国内で生産されているものは、日本人が好むような天然アロマなどのハーブ系のニオイが多いのですが、海外のものは文化の違いからか香りがキツイものが多いように感じられますね。

中には私が男性だったら、髪の毛からこんな香りがする女性はいやだと思うほど強烈な匂いのするオーガニックシャンプーも存在します。

 

なので、香りに好みがある方は、とりあえず国産のオーガニックシャンプーを選んでおいたほうが安心です。

あと、香りが消えるのが早く、残り香が付きにくいので、シャンプーに残り香を求めている女性には向いていないと思います。

 

アレルギーが出る可能性も希にある

オーガニックシャンプーは植物の成分を使っているものが多いので、植物アレルギーの可能性もゼロではありませんので、注意が必要です。

卵や蕎麦アレルギーにしてもそうですが、自然のアイテムだからと言ってリスクが全く無いというわけではありません。

シャンプーの生産メーカーも事前にパッチテストなどを実施し、アレルギーには十分配慮しています。

ですが、シャンプー使用後に、かゆみやかぶれなどの症状が出た場合には使用を中止しておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はオーガニックシャンプーのメリット・デメリットをご紹介していきました。

オーガニックシャンプーは市販シャンプーに比べますと、髪質改善効果、頭皮環境を整える効果などが期待されている注目シャンプーになりますが、デメリットももちろん存在します。

 

デメリットに関してはコストパフォーマンスが悪い事ですね。

ですが、上手くあなたの頭皮や髪との相性が良ければ素晴らしいシャンプーである事は間違いありません。

シャンプーは毎日使う物なので、メリット・デメリットをしっかりと考慮して購入を検討してみてください。

今モテ女子の間で話題のアイテム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031