芸能人やモデルの人気髪型・ヘアスタイルをまとめました。

menu

人気髪型・ヘアスタイル集

髪の毛を早く伸ばす10の方法で1週間・超短期間でも伸びる!

髪の毛はあなたの印象を大きく左右するもの。

だからこそ、いざ髪の毛を切るとなるとかなりの勇気が必要になってきます。

そうでなくとも、ロングヘアーにしてみたと思う方も少なくありません。

いずれにせよ『できるだけ早くイメチェンしたい』という想いから『髪の毛を早く伸ばす方法』はないかと考えてしまうんですよね。

中には、1週間という超短期間で髪の毛を伸ばす方法を探す人もいるほど。

 

そんな一刻も早く髪の毛を伸ばしたいあなたへ、超短期間である1週間で髪の毛を伸ばす方法をご紹介していきます!

少しでも早くイメチェンしたい方は参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク


髪の毛を早く伸ばしたい!

髪の毛を早く伸ばす方法

今までの自分よりさらにキレイに可愛くなろうと、思い切って髪を切りに行ってみたはいいけれど、なかなか思い通りにならなかったことはありませんか?

もしくは、今よりもっと長い髪の自分に出会ってみたくなったり。

  • 髪の毛を短く切りすぎた
  • 髪型を変えたい
  • ショートにしてみたけど、やっぱりロングに戻したい
  • 前髪を整えていたらただのパッツンになってしまった
  • 思っていたのとは全然違った

なんて、すぐに解決できない悩みであるのが『髪の毛を伸ばす』ということ。

髪の毛がすぐにでも伸びて長い状態であれば、あなたはいろんなオシャレに挑戦し楽しむことができるわけですよね。

 

そんなあなたの想いを叶えるための『髪を伸ばす方法』として、1週間という短期間での実現は可能なのでしょうか?

それにはまず、髪の毛はどのように伸びるのか、髪の毛が伸びにくい状態とは何のか知っておくことが必要になってきます。

 

髪の毛が伸びる仕組み

そもそも髪の毛を構成している約80~90%は『ケラチン』というたんぱく質です。

このケラチンを構成する元のアミノ酸である『メチオニン』は、体内で生成することができません。

そのため、普段の食生活でしっかりとたんぱく質を摂取しないと、髪を構成するための素材が不足していくことになります。

つまり、髪の毛が伸びにくい状態になってしまうということですよね。

 

また、髪の残りの10~20%を構成しているのは、水分・脂質・メラニンなどの成分。

割合としては少ないながらも、水分や脂質は髪に潤いを与える役割があり、メラニンは髪の色になる成分です。

これらの要素が集まって髪の毛ができているのです。

 

細胞分裂

また、髪の毛には、頭皮の皮膚中にある『毛根』の一番膨らんだ部分である『毛球』に存在する『毛母細胞』があります。

これが細胞分裂を繰り返すことによって髪の毛が伸びていく、といった仕組みになんですね。

これらのことからも、髪の毛を構成するために必要な栄養素の補給と、細胞分裂を促すような状態を作ることで髪の毛は早く伸びててくれると考えることができそうです。

 

ただ、人間の細胞活動レベルは『恒常性』という、ある程度一定の状態を保つように作られています。

つまり、髪の毛が伸びる速度もある程度決まっているんですね。

 

髪の毛が伸びるスピードは?

多少の個人差はあるものの、おおよろ1日に0.3~0.5mmずつ伸びると言われている髪の毛。

  • 1ヶ月:0.9〜1.5cm
  • 1年:11〜18cm

単純計算ではこのくらいの速度で髪の毛は伸びていくことになります。

 

その中でも『伸びやすい時期』というものがあり、気温が高くなっていくに従って髪の毛は伸びやすくなっていくと考えられています。

つまり、春〜夏にかけては髪の毛は伸びやすく、反対に秋〜冬にかけては髪の毛は伸びにくい時期であるこということ。

 

ただ、当然ですが髪の毛が伸びる速度は性別や年齢も関係してきます。

前述したように、あなたの体調や栄養の状態によっても変わります。

細胞分裂の速度で考えてみても、幼い子どもとお年寄りでは雲泥の差ですよね?

また、新陳代謝の低下が目立ち始める30〜40代になると、髪の毛が伸びる速度は遅くなってしまうといえるでしょう。

 

しかし、一人ひとり状況が違う中で、少しでも髪の毛を伸ばしやすくするためにはどうすれば良いのでしょうか?

それにはまず、髪の毛の成長を阻害する因子を排除していき、髪の毛にとってより良い環境づくりを目指すことが最短の道なのです。

 

髪の毛の成長を妨げる原因は?

髪の成長には『ヘアサイクル』という状態が関係していると言われています。

ヘアサイクルとは髪の成長周期のこと。

  1. 成長期
  2. 退行期
  3. 休止期

といった順番が繰り返され、髪が抜けたり生えたりするようになっています。

このヘアサイクルが乱れてしまうと髪がしっかり成長せず、最終的には抜けやすくなるといったトラブルが発生し、薄毛を招いてしまいます。

髪の毛をできるだけ早く、そいれこそ1週間という超短期間で伸ばすためにはこのヘアサイクルを正常に保つことが必要になります。

では、このサイクルを妨げる要因にはどんなものがあるのでしょうか?

 

ホルモンバランスの乱れ

人は内分泌系と言われる『ホルモン』の分泌によってカラダの機能を正常に保っています。

例えばダイエットに大きくかかわる『血糖値』とか、健康に影響する『血圧』なんかも全てホルモンによって調節されているんですね。

髪の毛も同じ。

特に、女性ホルモンの『エストロゲン』は、髪の成長に深く関わっています。

そのため、ホルモンバランスが崩れると、ヘアサイクルもそれにともなって乱れやすくなり、髪の成長期の持続を阻止してしまうことがあるのです。

 

また、女性の生理周期は種々のホルモンのおかげで絶妙にできており、ホルモンバランスが不安定になりがちです。

とくに生理前にはエストロゲンが減少することにより、髪は脆いものができやすくなる傾向にあります。

この時期に髪や頭皮に負担をかけると、髪の成長を鈍らせることがあるので注意が必要です。

 

また、更年期に差しかかった女性はエストロゲンが急減するため、抜け毛などのヘアトラブルが起きやすくなります。

このように、ホルモンバランスが崩れることは髪の毛の成長にとって良くない状態であることは明らか。

ここから挙げる項目は全て、ホルモンバランスの変調に影響するものでもあります。

 

ストレス

中でも、強いストレスがかかることでもホルモンバランスは崩れていきます。

身体的疲労や精神的なダメージが加わることによって『自律神経』に影響し、結果的にホルモンバランスを乱してしまうのです。

これだけみても、人のカラダはちょっとしたことによって大きく変化を起こしているのです。

 

栄養不足

前述したように、髪に必要な栄養が不足していると髪の毛は成長できません。

そもそも髪の毛の成長には『毛母細胞』の細胞分裂によって起こるものでしたよね。

毛母細胞には、頭皮の下にある毛細血管から栄養をもらって髪の毛を生産しています。

つまり、毛母細胞への栄養が途絶えてしまうと髪の毛は伸びにくくなってしまうのです。

 

頭皮の血行不良

栄養運んでいるのは『血液』ですから、頭皮の血流が弱い状態であると当然、髪の毛に必要な栄養は行き渡りません

髪の毛に必要な栄養素をバランス良く摂ることも重要なのですが、そもそもの栄養が摂れていないと髪の毛に栄養は行きません。

人間の体は、生命の維持に重要な器官に栄養を運ぶことを優先するので、栄養不足になるとすぐに頭皮へ栄養は途絶えるからですね。

実際に、栄養失調になってしまった人は大量に髪の毛が抜けてしまうんですよ。

 

糖質過多

一方で、栄養を撮りすぎてしまうことによるデメリットもあります。

髪の毛を早く伸ばすためには頭皮の環境が大事であることはお伝えしましたが、それには『清潔な状態』も必要になってきます。

不潔な環境では、髪の毛の成長を邪魔するものが多いのです。

 

中でも代表的なのが『皮脂の分泌』です。

この皮脂の分泌を過剰にしてしまうのが『脂肪』と『糖分』なんです。

焼き肉、ファーストフードといった脂肪分や油分の多い食事は、ストレートに体の脂肪を増加させ、頭皮の皮脂分泌を過剰にします。

また、お菓子の糖分は余ると脂肪として蓄えられるため、甘い物の摂り過ぎも皮脂を増やす原因になってしまうんですね。

 

お菓子や甘いものばかり食べてしまい、その後吹き出物ができちゃった、なんて経験のある方もいますよね。

これも、摂り過ぎた糖分が原因で皮脂が増え、毛穴を塞いでしまうから。

あまり意識したことはないかもしれませんが、頭皮も皮膚の一部ですから肌と同じように食事の栄養に大きな影響を受けています

 

髪や頭皮が汚い

頭皮が清潔な状態は必須であるとお伝えしていますが、この他にも頭皮の環境に栄養を与えるものは、あなたの身近ななところにあります。

  • 頭皮が脂っぽい
  • 皮脂づまり
  • 炎症

などを起こしていると、髪の毛が成長しづらい環境になることも。

特に、フケなどが出る頭皮に皮膚炎が出来ていると、体は髪の毛の成長より頭皮の修復にエネルギーを使うようになるんですね。

そのため、髪の毛が成長が遅くなる可能性が高くなるのです。

 

髪の傷み

髪が傷んでいる状態は頭皮も傷んでいることが多いです。

カラーやパーマをかけた後は、使用された化学物質の影響により頭皮は刺激されてしまいます

そのことで乾燥しがちな状態になってしまうのです。

 

また、髪の毛自体も痛むことになり、切れ毛や抜け毛の直接的な原因になりかねません。

それこそ、髪の毛が伸びるわけがありませんよね。

 

シャンプー

さらには、間違ったシャンプーを使い、間違った方法で洗っていることも頭皮の汚れを招きます

頭皮環境が悪化するとヘアサイクルが乱れ、髪の成長期が短くなることがあるのです。

 

そもそも洗髪を怠っていたり、洗髪時に洗い残しやシャンプー剤の流し残しがあると、頭皮が荒れたり毛穴詰まりを起こしやすくなります。

また、髪をきれいにしようと思い洗髪の回数を多くしすぎたり、頭皮を強くこするなど刺激を与えたりといったことも逆効果です。

あなたの頭皮に合わないシャンプーの選定もこれらのことを助長します。

シャンプーは直接つけず、最初の段階でよーく泡立ててから使用し、最後はしっかりと洗い流すことを意識する必要があるのです。

 

ヘアドライ

シャンプー後のヘアドライも頭皮の環境に影響します。

ドライヤーの風のあてすぎで、髪や頭皮が高温になるなどして過度に乾燥させてしまうと、頭皮も乾燥し髪の傷みや抜け毛の原因になることも。

また、自然乾燥も髪や頭皮に悪影響を及ぼします

正しいヘアケアを行い頭皮環境を良好に保って、髪が健やかに成長できる状態をつくるよう心がけましょう。

 

睡眠不足

髪を成長させるために必要な『成長ホルモン』は寝ている間にこそ分泌が促進されています。

特に、寝始めてから2時間後くらいには分泌が盛んに。

時間帯としては22時〜2時の間が好ましいともされています。

現実的に厳しい方も多いですが、睡眠が足りていない方は髪に必要なホルモンの分泌も弱いといえるのです。

 

ここまで挙げた髪の毛が伸びにくくなってしまう原因を解消すれば、自然と髪は健康的に早く伸びやすくなると考えることができます。

特に、何が何でも1週間という超短期間で髪の毛を伸ばすことに着目し、あなたが現実的に実践できそうな方法をご紹介していきます!

スポンサードリンク

 

髪の毛を1週間で伸ばす10の方法

カラーやパーマをかけない

髪の毛を伸ばすのであれば、例え切れ毛があったとしても自分でカットするようなことはしませんよね。

カラーやパーマも同じです。

前述したように、頭皮の環境を自ら悪くするようなことをしてしまっては意味がありません

例え、色がまだらになってしまった髪の毛であっても、我慢した方が髪の毛を伸ばすためには絶対良いです。

それに、普段からカラーはきちんとした美容院でかけた方が良いでしょう。

 

頭皮を清潔に保つ

これも髪の毛を早く伸ばすためには必須です。

頭皮の清潔を保つことは、頭皮の健康を保つということ。

不健康な人が背を伸びることもないですよね?

 

そして、頭皮の健康を握っているのが皮脂。

皮脂は多すぎても少なすぎてもいけず、適度な皮脂により、適度な潤いが保たれているのが理想です。

一方で頭皮は、私たちの体の中でも最も皮脂腺が多い場所で、油断するとすぐに皮脂量過多になりがち。

例えば、頭を洗わずにいると髪がすぐベタベタになりますが、あれは頭皮の皮脂量が多いからです。

過剰な皮脂は毛穴を塞いで雑菌を繁殖させ、髪の毛の成長を邪魔してしまいます。

 

正しいシャンプーのやり方

これらのことを解消するためには、あなたに合ったシャンプーと正しい方法です。

  • 最初は必ずよく泡立ててから髪に付ける
  • シャンプーをした後はしっかりゆすぎぐ
  • 指の腹で優しく頭皮を洗い流すことを意識する

最低限、このことは必ず行う必要があります。

シャンプーはすすぎ残しがあるとそれが直接頭皮トラブルの原因になってしまうので、ゆすぐのはとても大切です。

具体的には100秒を目安に全体をよくゆすぎます。

逆にそれ以下の時間だとまだシャンプーがすすぎ切れていない場合が多い傾向にあります。

耳の裏や後頭部などはシャンプーを洗い残しやすい部分なので、この当たりも意識していってください。

 

濡れ髪にブラシをかけない

髪の毛は『キューティクル』という成分で守られており、ツヤを与えてくれています。

濡れている髪の毛にブラシをかけてしまうと、髪の毛のキューティクルが剥がれ落ちてしまうのです。

そうすると必然的に髪の毛は傷みます。

そして傷んだ髪の毛は切れ毛の原因になり、カットしてしまうこともあり結果的に悪循環を生じさせてしまうことに。

短期間で健康的な髪の毛を伸ばすためには、しっかり乾いてからブラッシングするようにしましょう。

 

熱しすぎない

その髪の毛を乾かす方法もかなり重要。

髪の毛は熱や乾燥によるダメージをとても受けやすい性質を持っています。

  • 髪の毛を洗う時のお湯の温度
  • ドライヤーの熱をあてすぎる

このことは髪の毛や頭皮にとっては悪影響なんですね。

あまり温度が高いと、それだけで髪の毛に艶や潤いを与えるための頭皮の水分や、皮脂を奪ってしまいます。

そうすると頭皮の環境が悪くなってしまい、髪の毛が伸びるスピードが遅くなってしまうのです。

 

髪を洗うシャワーの温度は38度くらいで、ちょっとぬるいくらいがちょうど良いとされています。

ぬるま湯で洗ったあとに、低めの温度で頭皮の毛穴を引き締め刺激を与えてあげると短期間で髪の毛が伸びやすくなるとも言われています。

 

冷風を使用する

髪の毛を乾かす際には、ドライヤーの温風と冷風を切り替え髪の毛が熱を持たないよう、交互に使いながら行って下さい。

さらには、熱による髪の毛の乾燥を防ぐために、髪の毛を巻いたりストレートにするアイロンやコテなどの使用もできるだけ避けるようにすると良いでしょう。

 

髪はくくらない方が良い

髪をくくるとその刺激で髪が早く伸びるなんて都市伝説のような噂を着たことがありませんか?

イメージはわかりますが、実は全くの逆効果なんですね。

むしろぎゅっと短い髪の毛を無理やり引っ張りことで毛根を痛めてしまい、抜け毛の原因にもなってしまうんです。

 

仕事などで決められている方もいるかもしれませんが、ヘアスタイルはおろした方が髪への負担も少ないのは確かです。

どうしても伸びかけている髪の毛が邪魔だという時にはふんわりとクリップで留めたり、シュシュなどを使って頭皮に負担がかからないようにすると良いですよ。

 

頭皮のマッサージ

髪の毛の成長は、頭皮にある毛母細胞の細胞分裂を促進し、栄養を行き渡らせることでしたね。

で、そのことを促してくれるのが『血液』であり血流を良くすること。

頭皮マッサージでは頭皮の血行を良くすることができます。

このことによって自然と髪の毛が伸びるスピードは早くなるのです。

  • シャンプーをしながら指の腹で円を描きうように揉む
  • お風呂の後は優しいタオルドライとともに指の先でトントン叩く

といった方法は頭皮マッサージとして最適ですので、今日からでも実践できるかと思います。

 

栄養管理

あなたの健康を保つための栄養補給と、髪の毛の成長に必要な栄養補給の管理も必須。

  • たんぱく質
  • 亜鉛
  • 水分
  • ビタミン
  • ミネラル

を意識した食事が重要となってきます。

 

ただ、亜鉛を始め、ビタミンやミネラルは摂取しにくい状況である方もいらっしゃるかと思います。

そういした方は『サプリメント』などで補っていくのも効果的。

過剰摂取はあ逆効果にまりますので、必ず1日の摂取量を守り正しく継続することを心掛けてください。

 

ちなみに、ワカメを食べると髪が生えるという俗説がありますが、ワカメ単体には髪の毛を生やしたり伸ばしたりするような成分は含まれていませんからね。

何より、ワカメだけでは髪を作るためのタンパク質が不足します。

しかし、ワカメに含まれる『ヨード』は髪にハリ・ツヤを出してくれるので、美しい髪を作るには効果的です。

髪の毛の健康を保つためには良い成分であることは間違いありません。

 

髪の毛に良い食材

上記のような栄養素を摂取するためにはバランスの取れた食事が大切になってきます。

  • 大豆食品・納豆
  • チーズ
  • アーモンド
  • あさり
  • 牡蠣
  • ほや
  • 豚レバー
  • 牛肉

などを夕食を中心に摂取していくと効率が良いでしょう。

特に『たんぱく質』は寝ている間に分泌されやすい成長ホルモンの効果を活かしていくこともできる。

 

また、ビタミンCやクエン酸は亜鉛を吸収する力を高めてくれる効果があるので積極的に摂取したい栄養素ですね。

亜鉛は1日に7mgが推奨されていますので目安にしてみてください。

 

そして、髪の毛の成長に役立つ女性ホルモンと似た働きをする『大豆イソフラボン』と水分摂取も意識していくとより効果的。

  • コーヒー
  • ウーロン茶
  • 紅茶
  • 緑茶

などにはカフェインが含まれ、利尿作用がありますので髪の毛を伸ばしたい時期には控えた方が良いでしょう。

 

ダイエットは控えて

髪の毛を伸ばしたい時期に無理なダイエットは、前述したような栄養素をバランス良くとることは難しくなってきます。

ダイエットをしていると髪の毛に栄養が行き届かず、髪の毛が傷みやすくなる原因にもなりかねません。

かといって甘いお菓子ばかりを食べて糖分過多で太るのも、髪を伸ばすためには良くないことはお話しましたよね。

 

睡眠の質・時間

髪の毛の成長を促すホルモンが分泌されやすい時間帯については前述した通りですが、その時間帯を意識してしっかり休息のとれる質の高い睡眠が重要になってきます。

また、できるだけ同じ時間帯に平均して6時間ほど睡眠時間を確保すると良いでしょう。

寝る時間や起きる時間に差が出始めると、それだけ睡眠時間はどんどんずれ込んでしまいます。

人のカラダは一定のリズムであるほど効果的に機能を発揮してくれるのです。

 

タバコ・酒

喫煙はカラダの中にある毛細血管を始めとした、全身の血管を収縮させる作用があります。

そのことによって血流量・酸素運搬能が低下することに。

すると、頭皮や髪に必要な栄養が効率的に行く届かなくなります。

 

また、飲酒の機会ではタバコを吸いたくなったり脂肪が多い食べ物を食べたくなってしまいがち。

お酒に含まれるアルコールには利尿作用もありますし、分解するために内蔵の機能に負担がかかります。

その分、髪の毛に栄養を与える力はそちらに使われてしまうことに。

 

これだけみても、髪の毛を伸ばしいのであればタバコやお酒は控えておいた方が良いでしょう。

 

運動する

カラダを動かすことで代謝が亢進し新陳代謝が活性化されます。

そのことによって全身の血流がよくなり、髪の毛にも栄養が届きやすくなりますよね。

 

また、汗をかくことで余分な老廃物も排出できますし、そのことによってヘアサイクルも整えることができるんですね。

さらには、筋肉に負荷をかけることで『成長ホルモン』の分泌が促進されますので良いことだらけです。

そして、運動することで髪の毛の成長を阻害する『ジヒドロテストステロン』に変換される男性ホルモン『テストステロン』が減ってくれるのです。

 

ストレスが解消できる

また、運動をすることでストレス発散が出来ます。

ストレスがたまると毛細血管が収縮してしまい、髪に必要な酸素や栄養が行く届かなくなってしまうことに。

その他にもあなたなりのストレス発散法をみつけ、髪の毛の成長のためにもストレスを溜め込まないようにしていきましょう。

 

仕事・勉強に集中する

仕事や勉強に集中することで脳が活性化されていきます。

そのことによって頭皮の血行が良くなり髪の毛に良い環境が生まれやすくなるのです。

一石二鳥ともいえる方法ですので、ストレスがたまらない程度に意識しうてみると良いですよ。

 

抜け毛シャンプー・育毛剤の使用

“抜け毛”や“育毛”と聞くと、髪の毛が薄い人が使用するイメージが強いかもしれませんが、含まれている成分は髪の成長に良いものばかりです。

しかも、頭皮に直接付けるものですのでその分効果は高いと考えることができます。

ぜひあなたもこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 

髪の毛を1週間で伸ばす方法のまとめ

髪の毛が伸びやすい状態を作る方法や仕組みにはこれだけのものあり、実際に全て実践することは難しいかもしれません。

しかし逆に言ってしまえば、これだけのことを当たり前のようにきちんとできれば髪の毛はいつの間にか伸びやすくなっているということ。

間違った知識で間違った方法を実践することは、髪の成長の妨げにしかなりませんよね。

あなたが良いと思って実践していても結局効率の悪いことをしている可能性だってある。

できるだけ早く髪の毛を伸ばしていくためにも、今一度ここにある内容を確認しておいてくださいね!

今モテ女子の間で話題のアイテム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30